被害に遭うと

被害に遭うと
心や生活が一変してしまいます。

犯罪被害は、突然の大きな出来事です。つらく悲しいことなので、突然巻き込まれた状況に心も体も対応できません。
また、ご家族や大事な方が被害に遭い、命を落とされるようなことがあれば、その衝撃も心身に影響を与えることがあります。感情や感覚が麻痺して頭の中が真っ白になったり、何も考えられず周りのことが目に入らなくなったり、生活が一変してしまいます。

このようなことは決して異常なのではありません。犯罪被害者となったり、遺族となった方には、人生で最も大変な場面の一つに遭遇してしまったのですから、むしろそのような反応は当たり前の状態だと理解して下さい。
そして悲しみや苦しみを一人で抱えずにどうか私たちに相談して下さい。

心理面の反応

  • 怒りやイライラを抑えることが難しい
  • 感情のコントロールがきかなくなる
  • 仕事や勉強に集中できない
  • 人々や社会を信用できなくなる
  • 些細なことから恐怖がよみがえる
  • 早く忘れてしまいたいと思う

身体面の反応

  • 食欲がなくなる
  • 急に事件のことを思い出して苦しくなる
  • 眠れなくなったり、恐ろしい夢を見る
  • 動悸や手足の震え、息苦しさがある
  • 訳もなく涙が出て止まらない

日常生活での問題

  • 仕事や学校に行けなくなる
  • 今まで普通にできたことができなくなる
  • 人に会うのがおっくうになる
  • 家事ができなくなる
  • 子どもや家族に上手に接することができない

考え方の変化

  • 自分を責めてしまう
  • 親や周りの人に知られたくない、話せない
  • 気持ちを話しても、分かってもらえないのではと考えてしまう
  • 同じ様なことがまた起きるのではないかと不安になってしまう
  • 自分には何もできないと思ってしまう
  • 将来のことが考えられなくなる

二次的被害(生活面の変化や負担)

犯罪等による直接的な被害だけでなく、被害を受けた後、新たに生じる様々な問題(「二次的被害」とよばれている)にも苦しめられています。
不適切な言動やプライバシーの侵害などで精神的に傷つけられるほか、時間的負担や経済的困窮も加わり、生活に支障を来すことがあります。
・捜査や裁判の過程での負担
警察・検察庁での事情聴取や裁判の過程において、不適切な言動で傷ついたり、時間的
な拘束が負担となることがあります。
・取材・報道による被害
マスメディアによる取材や報道により、ストレスや不快感を受けることがあります。
・第3者によるうわさ、偏見、誹謗、中傷
近所や職場の人たちの、無責任なうわさ話や偏見などにより、さらに心の傷を深くしてしまいます。
・友人・知人・親族の安易な励まし
心情を理解しないまま安易に発された言葉で、傷ついてしまうことがあります。
また、家族間においても考えの相違から関係が悪化することがあります。
・経済的被害
転居や失職・転職を余儀なくされたり、医療費の負担や、各種の手続きに費用を要した
りして経済的困窮を招くことがあり得ます。

 

 

PAGE TOP